色々あるクレジットカードの活用方法

色々あるクレジットカードの活用方法

クレジットカードの活用方法として代表的なのが、高額の決済に利用するということです。
直ぐに現金では支払えない金額や、お財布の中に現金がないときなどでも、タイミングを逃さず買い物できたり、サービスの利用ができて便利です。
たとえば、資格スクールの申込みに50万円かかるといった場合、現金の持ち合わせや貯金がなくても、クレジットカードの利用枠さえあれば決済が可能です。
利用した金額の請求は少なくとも翌月以降の支払日まで先延ばしされるので、一括払いであればその時までにお金が用意できれば問題ありません。
また、分割払いや毎月決まった返済しやすい金額ずつ払うリボ払いも選べるので、翌月といわずに無理なく支払うことも可能です。
賢い人が行っている活用方法は、高額の決済にかかわらず、コンビニ等でのほんのわずかな買い物でも使うことです。
これは何が賢いかといえば、ポイントをどんどん貯められます。
貯まったポイントはキャッシュバックを受けたり、好きな商品と交換したり、他のポイントサービスのポイントに移行できます。
現金で購入すれば何の特典も付きませんが、クレジットカードで商品代金を支払うだけで、ポイントが貯まる分お得なのです。
もう1つの便利な活用方法が、キャッシング機能の利用です。
いわゆるローンですので利用に抵抗がある人もいるかもしれません。
ですが、いざ現金に困ったときには、ATMで直ぐに借りられて便利です。
そのうえ、海外でも使えるので国内で両替していくより、レート換算や手数料でお得になるケースもあります。


 

セキュリティに優れたクレジットカードを選ぼう

時折、クレジットカードのスキミングや、不正利用のニュースが流れると不安に思われる方もいるはずです。
カード会社でも不正利用の未然防止や、安心して使えるための対策を行っており、従来よりセキュリティに優れた機能のクレジットカードも増えつつあります。
その1つが、ICカードです。
高度な暗号化技術を用いたカードで、偽造が困難なため、不正利用がしにくい特徴があります。
さらにクレジットカードに顔写真を掲載できるタイプもあります。
自分が持ち主だと分かる顔写真入りなら、カードを盗んだり拾った人が勝手に使うリスクが減ります。
また、インターネットの普及によりオンラインショッピングをする機会が増えていますが、カード情報が不正に流失して、買った覚えのない商品決済に利用されていたという被害も少なくありません。
カード会社で用意するネットショッピング認証サービスなどを利用できれば、単にカード情報を登録するだけでは決済ができなくなります。
実店舗でサインをしたり、暗証番号をするのと同様、特定のパスワードを入力しない限り、決済ができず、オンラインショッピングでの安心が保たれます。
また、カード会社各社では、カード不正使用検知システムなどを作動させています。
これは、24時間365日にわたり、不審なカード利用がないかモニタリングをするものです。
何か怪しい利用があると、お客様にお知らせし、未然にトラブルの防止や早期解決が目指せます。

関連ページ

クレジットカードのポイントとは
クレジットカードには様々なポイントの種類があります。それぞれのシーンでポイントをたくさん貯めましょう!