クレジットカードの種類と特徴

クレジットカードの種類と特徴

多彩なポイントカードの種類と利用法

今やどんなお店や飲食店、サロン等に行っても用意されているポイントカードですが、その種類も多様です。 持ち歩きに便利と思うもの、集めやすいと思うものなど、色々感じることもあるでしょう。 昔ながらのタイプであり、今も根強く存在しているのは、紙媒体のカード式や折り畳みの冊子タイプのものです。 一定金額以上の利用があるとスタンプを押してくれたり、シールが渡され、それを自分で台紙に貼って集めていきます。 台紙が全て埋まったり、一定の位置まで到達すると、そのお店で割引が受けられたり、プレゼントがもらえるという仕組みです。 これに対して、最近増えているのはプラスチックのカードタイプで、会計時にカードリーダーに通したり、読み取り機にかざすだけで、金額によってポイントが貯まります。 ポイントの還元率はお店によって異なりますが、スタンプやシールタイプよりポイントがつく最低ラインの金額が小さく、端数が出てもそれに応じた還元がなされる点で、無理なくコツコツ貯められる点がメリットです。 中には金額に関わらず、来店ポイント等が付与されるケースもあります。 また、買い物の都度、カードを提示するだけでポイント加算がなされるのも便利です。 紙媒体のカードに比べると丈夫なので、お財布の中でも管理がしやすいメリットもあります。 こうしたプラスチックタイプのカードは、ポイントの履歴や購入履歴がお店のパソコンやデータ上で管理されており、中にはインターネットでご自身でポイント履歴の照会ができるところもあります。

クレジットカード選びに迷ったら目的別に考えるのがポイント

クレジットカードを持ちたいと考えた時、ブランドはもちろんのこと、カード会社に直接申し込むべきか、様々な業態で発行している提携タイプにするか迷うところです。 どれがいいのか迷ったら、自分に合ったものを探すべく、どんな目的で利用するのか考えましょう。 選び方の基準として、目的別というのは重要なポイントになるのです。 たとえば、現金がなくても気軽に買い物をしたい、ポイントを貯めて商品などに交換できたらお得だからといった理由で保有したい場合、その目的をお得に達成するには年会費が無料なタイプがいいでしょう。 年会費が無料なタイプは、提携タイプによく見られます。 そこで、ポイントを貯めやすくすべく、よく利用するお店や飲食店、ガソリンスタンドなどで作るのがおすすめです。 自宅や職場近くでよく立ち寄るショッピングモールや、年に何度か大きな買い物をするデパートや家電量販店など、ご自身の使い勝手がいいところを選びましょう。 次に大きな利用限度額を設定したい方や、海外旅行や海外出張でスマートに利用したいという場合は、ゴールドカードなどステータスの高いタイプを選ぶと便利です。 航空券の予約がスムーズに行ったり、空港で特別ラウンジを利用できたり、海外での不安をサポートする窓口が利用できたりします。 海外旅行保険等の補償額も大きくなります。 年会費は高くなりますが、その分、充実したサービスが受けられるのです。 さらに航空会社のマイルが貯まったり、交換できるタイプなら、より利便性も高まるでしょう。

クレジットカードの種類と特徴エントリー一覧

ゴールドカードとは、一般的なクレジットカードとは違って高いサービスが受けられるのが特徴になっています。海外旅行傷害保険な...

≫続きを読む

クレジットカードはショッピングをする際に、キャッシュレスで利用でき、手持ちのお金や貯金がなくても、代金後払いで利用できる...

≫続きを読む