借入極度額(契約限度額)とは

借入極度額(契約限度額)とは

借入極度額(契約限度額)は自分で決めることができる? いいえ。借入極度額(契約限度額)は自分で決めることはできません。 審査では希望額の記載欄がありますが、希望額が適うとは限らないのです。 自分ではこの程度なら返済できると思って借りていても、業者側が厳しいと判断すれば希望は叶わないのです。 借入極度額(契約限度額)の上限となるのは、年収の3分の1となります。 これを超えて借りることはできませんので、年収600万円ならば最高で200万円までの借入極度額(契約限度額)になるわけです。 210万円を希望しても絶対に通らないので注意が必要です。 業者がホームページで宣伝している限度額については、あまり参考にはなりません。 最高700万円までというローンもありますが、そのためには2,000万円以上の年収がないといけません。 これほどの高額年収がある方が、キャッシングでお金を借りることは少ないです。 年収500万円〜1,000万円くらいなら、利用者はかなり多いです。 ちょっとお金に余裕があるくらいの人は大勢利用していますが、完全なる富裕層になると、利用者は激減していきます。 年収2,000万円レベルとなると完全なる富裕層ですから、実際にキャッシングで高額融資を受けることは少ないわけです。 ちなみに、限度額はよくて50万円、かなりよくて100万円と考えておくといいでしょう。 初めて借りる場合は、20〜30万円くらいからスタートすることも多いです。 あとは信用に比例して限度額が引き上げられますが、あくまで総量規制の範囲内となります。

関連ページ

自己破産をするとどうなるのか
自己破産をするとクレジットカードが一定期間作れなくなるって本当?
多額で長期に借りる住宅ローンの役割とは?
住宅ローンは、一般的なローンと比べ、多額かつ長期の借入れが可能で、最大35年という超長期ローンも利用できます。 また、金利も他のローンに比べると低めの設定となっています。
女性福祉資金を役立てよう!
女性福祉資金は配偶者を持たない女性の方は経済面で不安を抱えていらっしゃるので、安定した生活を送るためにも必要な資金をお貸しています。