多額で長期に借りる住宅ローンの役割とは?

多額で長期に借りる住宅ローンの役割とは?

多くの人が社会人になり家族を持つと、家族が暮らすための理想の家を探します。 マイホームを取得することは、多くの人の夢といえるでしょう。 もっとも、マンションや建売住宅を購入したり、注文住宅を建築するには多額の費用がかかります。 地域やグレード、広さなどによりますが、数千万円から億単位のお金が必要になることもあるでしょう。 マイホームは人生で最大の買い物と言われるくらい、大きな買い物なのです。 そのため、一般的な生活者にとって現金で即日支払をするというのは困難となります。 そこで、登場した商品が住宅ローンです。 何千万円という買い物であっても、毎月少しずつ返済していくことで無理なく購入できるように仕組まれたローンです。 一般的なローンと比べ、多額かつ長期の借入れが可能で、最大35年という超長期ローンも利用できます。 また、金利も他のローンに比べると低めの設定となっています。 これは多目的ローンやキャッシングなどのように資金使途が自由ではなく、住宅の購入に限定されること、住宅が生活の拠点となる生活者にとって重要な意義をもつことが1つの理由です。 さらに、貸付側は多額かつ長期の貸付を行う担保として、住宅に抵当権を設定することができます。 このため、債務不履行が生じた場合には住宅を競売にかけて資金化し、債務に充当できるため、無担保のローンに比べると低金利となっているのです。 こうした住宅ローンの役割を理解してメリットを享受するとともに、せっかく手に入れたマイホームを失わないよう無理のない資金計画を立てることが大切になるでしょう。

関連ページ

自己破産をするとどうなるのか
自己破産をするとクレジットカードが一定期間作れなくなるって本当?
借入極度額(契約限度額)とは
借入極度額(契約限度額)の上限となるのは、年収の3分の1となります。 これを超えて借りることはできませんので、年収600万円ならば最高で200万円までの借入極度額(契約限度額)になるわけです。
女性福祉資金を役立てよう!
女性福祉資金は配偶者を持たない女性の方は経済面で不安を抱えていらっしゃるので、安定した生活を送るためにも必要な資金をお貸しています。