銀行でお金を借りるには

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りるときの審査とは

銀行では多種類の金融商品が用意されています。 お金を借りたいと思った時に普段から利用している銀行であれば安心ですし信頼度も高く、銀行のローンは金利が他社の金融機関に比べ低めに設定されている、限度額が大きいといった理由から銀行でのローンを利用したいという方が多いようです。

銀行では「目的別ローン」と資金使途が自由な「フリーローン」の2種類があります。 住宅購入、マイカー購入、教育資金などといった際には大口の目的別ローンが用意されています。 逆に資金使途が自由なフリーローンでは、急な出費やちょっとした足しに使えるような小口のローンとなっています。 このようなことからまずはご自身のローンの目的を明確にしてから申し込みをする必要があります。そして融資を受ける銀行の預金口座があると更によいでしょう。 フリーローンなどは口座がなくても申し込み可能なものもありますが、日頃から利用している履歴のある口座の方が優位になるといえます。 特に公共料金や様々な支払いに利用しているメインバンクであれば過去の履歴による信用がありますのでご自身にとっても管理しやすくなりますのでベストでしょう。 一般的に銀行ローンの審査は「厳しい」と言われていますが基本的な審査は他の金融機関と同様です。勿論ローンの内容によっては大口であればその分審査も慎重になり厳しくなるというわけです。

つまり特別審査が厳しいのではなく、融資金額が大きいローンも取り扱っているためその場合は審査が厳しくなるということなのです。 銀行ローンの審査については、基本的には他の金融機関同様に年齢や年収、勤続年数、勤務形態、他社からの借入有無など基準に信用保証会社が行っています。 KSCや全銀協とよばれている全国銀行個人信用情報センターをはじめいくつかの機関があり、そこで個人情報や信用情報の全てがわかるようになっており、全ての金融機関において情報を共有していますので申し込みの際に虚偽の申告をしてもすぐにわかってしまい、虚偽などがあると審査落ちの対象となってしまいますので申し込みの際には正確にきちんと全てを記載することが大切です。 ローンの種類によって高額になるものであればあるほど審査基準も細かく厳しくなります。 長い期間で金額も高い融資のローンであれば最終返済時の年齢も重要となってきますし、特に住宅ローンなどは物件の値段や建築法に違反していないかという事までも対象となります。

お金を借りるということはそれだけ信用が大切であるということがいえます。 審査条件が全てクリアされていたとしても、過去の借入が残っている、滞納の履歴がある、複数社から借入しているといったような場合には審査の通過は難しいといえます。 銀行ローンに限らずではありますが、ローンの審査では基本的な条件と共に「信用」が いかに大切であるかということがおわかりいただけるでしょう。

銀行でお金を借りるにはエントリー一覧