返済方法(お金の返し方)

返済方法(お金の返し方)

便利なキャッシングの返済方式と返済方法

今日日の金融機関は高度に発達しており、お金を借りる場合でも20歳以上で正社員ではなく契約社員・派遣社員・アルバイト・パートタイマー等であってもお金を借りる事が出来る時代となっております。 そして返済方法のバリエーションも格段に増えて選択肢が広がりましたので、より便利にキャッシングを利用出来る様になりました。 お金を貸し出す消費者金融業者等は、一定のお金を顧客から要求された金額に応じた金額や期間に合わせて金利を設定しています。 そして、それに伴う貸し出ししたお金に上乗せした金利を得る事で、事業が成り立っているのです。 しかしながら、返済方式は各社様々であります。 そこで今回は、キャッシングの返済方法についてご説明致します。 その一・リボルビング返済方式(省略してリボ払いという言い方をする事もあります)という借り入れをした残高に関係無く、事前に毎月幾らを支払うのかを決めて返済する方法を言います。 つまり、借り入れをした金額によって返済に要する回数は変化を生じる事になるという事です。 従いまして、利用している消費者金融業者の利用限度額の範疇であれば、際限無くキャッシングが可能となりますので非常に利便性の高い返済方式です。 この方式には、定額リボルビングタイプと定率リボルビングタイプが存在し、私たちの住む国では前者が主流です。 その二・元利均等方式というもので、元金に金利を加えた金額を毎月の返済額として一定となるので大変わかり易いシステムで、返済管理が容易になります。 その三・元金均等ステップ償還方式は元金均等返済の一つとして存在し、返済する期間を2期に分けて支払いをするシステムです。 このシステムの特徴は、前期には少なめの元金を返済するので返済する負担軽減に貢献することで高額融資等で採用されるケースもあり得ます。 後半では元金の半分が返済済みとなるので、金利の支払額が減るというメリットがあります。

返済を忘れると遅延損害金がかかる

忙しさにかまけて時として返済を忘れてしまうこともありますよね。 キャッシングの返済は返済期日というものが設けられており、各社で日にちは異なりますが、5日、10日、15日、25日などのキリがいい日や、月末の25日〜30日の間に設定されていることが多くなっています。 決められた期日までに必ず返済をしなくてはいけないのですが、万が一、この返済期日を過ぎてしまうと遅延損害金が取られることになるので注意しなくてはいけません。 遅延損害金とは、いわゆる返済が遅れてしまったことに対する賠償損害金のことです。 これは法律で定められている内容なので必ず支払う必要があります。 では、遅延損害金はどのくらいになるのかということですが、遅延期間に応じて利率から算出されることになります。 遅延利率は各社で異なりますが、利息制限法に従う範囲でかけられており、利息制限法の内容によると「遅延金は制限利率の1.46倍まで」と規定しています。 万が一、この規定を超える遅延金を請求されたら、その分に関しては無効にできます。 では、利息制限法による遅延利率をみてみましょう。 元金10万円未満の年利は20%ですので、その1.46倍というと遅延利率は29.2%までです。 元金10万円以上100万円未満の年利18%なら、遅延利率26.28%までです。 元金100万円以上の年利15%なら、遅延金は(15%×1.46%=)21.9%までとなっています。

>>自己破産するとどうなるの!? 詳細