今すぐにお金を借りる

お金の借りすぎに注意しましょう!

【土日/深夜お申込OK!】急にお金を借りたいときや、給料日前の一時的な金欠時に低金利での借入や即日融資も可能なカードローンが便利です。 こちらではお金を借りたい時に役立つ情報を公開しています!

お金を借りる方法

住宅ローンやマイカーローンなど、大きな買い物をする際にはお金を借りることもありますが、「お給料日前で生活費が足りない」「今月は急な出費があって月末までもたない」など、日々の生活のなかでもお金が必要になることはよくあります。 ちょっとしたお金を借りたいとき、身近な親兄妹、親戚、友人、知人からお金を借りるといった方法もありますが、今後の人間関係を考えると、なかなか言い出しにくいですよね。 そんなときに、誰にも心配や迷惑をかけずに安心してお金を借りる方法が2つつあります。 それは、クレジットカードでお金を借りる方法と、カードローンでお金を借りる方法です。 どちらの方法も、「キャッシング」と言われていて、担保不要(無担保)、保証人不要でお金を借りれる方法となります。 こちらのサイトでは、クレジットカードでお金を借りる方法と、カードローンでお金を借りる方法について、徹底解説しています!

クレカのキャッシング枠とカードローンどっちで借りる?!

お金を借りれるという意味では同じクレカのキャッシング枠とカードローンですが、それぞれ特徴が異なりますので、 その時々にあった方法で選ぶと無駄がなくスムーズです。

クレカキャッシング枠で借りるのに適した借入れ
すでにクレジットカードを持っていてクレカ申込時にキャッシングサービスを付加している
借入金額が少ない
(クレカを持っていない場合に)お金を借りるまでに時間がかかっても構わない

カードローンでお金を借りるのに適した借入れ
今日中にお金を借りたいなど即日融資をしたい
まとまった金額を借入れしたい
初めてなら30日間無利息などのサービスを受けたい

※こちらはで即日融資、初回30日間無利息などの充実したサービス面からみて利用者の多いカードローンでお金を借りる方法の詳細を徹底解説しています


クレジットカードとカードローン特徴の比較表

即日発行 限度額 金利
クレジットカード × 少額 高め
カードローン △/○ 高額も可能 低め/高め

※当ページでは、少額の借入時に対応した方法を掲載しています。


発行元 法律
クレジットカード クレジットカード会社 貸金業法(ショッピング枠は割賦販売法)
カードローン 銀行/消費者金融会社 銀行法/貸金業法

>>カードローンでお金を借りる方法 詳細


クレカでキャッシングする仕組みとは

>>クレジットカードキャッシング 詳細


まとめ

・お金を借りる方法には、クレジットカードのキャッシング枠とカードローンがある
・お金を借りる流れ(手順)は、申込→審査&審査回答→契約→借入である
・申込条件は、満20歳以上の年齢制限と継続的かつ安定的な収入があることである
・必要書類は、本人確認書類と借入限度額によって収入証明書が必要である
・お金を借りる申込方法は、インターネット、店頭窓口(店舗窓口)、自動契約機(無人契約機、ローン申込機)電話、郵送である
・お金を借りる審査方法は、スコアリングシステムと個人のし尿情報が重要である
・お金を借りる手数料は、利息、ATM利用手数料、遅延損害金(延滞利息)、新規契約時の収入印紙代、ローンカード再発行手数料などがある

お金の引き出し方法

カードローンでお金を借りる方法には、大きくわけて3つあります。 現金振込キャッシングによる借り入れ、店舗窓口(店頭窓口)による現金借り入れ、ATMや提携ATMによる現金の引き出し方法です。 それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご都合の良い方法にてキャッシングしましょう。

振込キャッシングによる借入
振込キャッシングのメリット
・来店不要でお金を借りれる
・クレカの支払いや水道光熱費の引き落としなど口座から引き落とされる支払に便利
・指定口座に振り込んでもらうことで自身が使いなれた金融機関ATMでお金を下せる
・ローンカードがなくてもカードレスでお金を借りれる
振込キャッシングのデメリット
・当日振込の場合は振込申込締切時間が早めに終わってしまう(当日14時までなど)
・基本的に土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日には振込をしていない
・振込手数料がかかる場合がある

店舗窓口(店頭窓口)による借り入れ
店舗窓口(店頭窓口)借入のメリット
・スタッフさんに借入計画や返済計画などの相談ができる
・お金を借りる際の手数料がかからない

店舗窓口(店頭窓口)借入のデメリット
・店舗窓口(店頭窓口)まで出向く手間がかかる

ATMや提携ATMによるお金の引出
ATMや提携ATMのメリット
・提携コンビニATMなら基本的に24時間365日いつでもお金を引き出せる

ATMや提携ATMのデメリット
・ATMまで出向かないといけない
・ATM利用手数料がかかる場合がある

申し込み後にキャンセルする方法

カードローンを申し込んだ後で、やっぱり不要になった!なんてこともあり得ます。そんなときに申込キャッシングや申込取り消しができるのか?それは、タイミングにもよります。 また、申し込んだ会社によって扱いが異なります。思わぬペナルティなどがある場合もありますので、実際にキャンセルをする前の段階で、お申込の業者にて手続き方法などを確認してください。 念のため、申込キャンセルをすることで何らかのペナルティや不都合がないかを確認しておくと、安心することができます。 なお、今後、またカードローンの申込をしたいと思った際には、改めて一からカードローンの申込、審査、契約を行い事になりますのでご理解ください。

申込直後や契約前のキャンセル
カードローン会社の規定にもよりますが、審査結果が出る前や正式にカードローン契約を交わす前であれば、スムーズに取消することができそうです。 取消したい!と思った段階で早めにフリーダイヤルやフリーコールに直接電話をして、キャンセルしたい旨を伝えましょう。

カードローン契約完了後の取り消し
各種書類も提出済みでカードローン契約も締結し、ローンカードも発行された後にキャンセルをしたいと場合には、すでに契約が成立していることから、取消やキャンセルはできず「解約」の扱いとなる場合があります。 取消したい!と思った段階で早めにフリーダイヤルやフリーコールに直接電話をして、解約したい旨を伝えましょう。

キャンセル取り消しの際の注意点とは
・今回審査が通ったからといって次回申し込んだ際に必ずしも審査に通るとは限らない
・カードローン申込履歴は信用情報に残るため、今後再度カードローンを申込む際に、申込や取消を繰り返した履歴があると心象が悪い
・今後、カードローンを利用したくなった時には改めて再申込み、審査、契約手続きが必要
・カードローン契約の際にかかった収入印紙などの実費費用は返ってこない

キャンセル取り消し前に確認しましょう
今後まったくお金を借りる予定がないのであればまだ良いのですが、もしも今後カードローンを利用する可能性があるのであれば、キャンセルするのは考え直したほうが良いかもしれません。 というのも、一番困るのがまたカードローンを利用したくなったときに、今後審査申し込みをした際に審査に落ちてしまうことですが、今回が審査に通ったからと言って次回も審査に通るとは言えないので、せっかく審査に通ったのであれば、このままの状況を維持したほうが今後のためにも良い場合があるのです。 カードローンは信用情報に申込履歴が6ヶ月間残りますし、業者としても手間だけかかってまたキャンセルされるかも…と思ったら心象も良くありません。 カードローンは契約をしている状況やローンカードを持っているだけでは、年会費などの費用は一切かかりません。 実際にお金を借りた際に、借りた分に対しての日割りの利息がかかるだけなので、今後またお金を借りる可能性が少しでもある場合には、キャンセル、取消、解約はせずに、念のための保険としてお財布にローンカードを1枚忍ばせておくのもひとつの手段と言えそうです。

お金の返済方法

選べる便利な返済方法とは

・指定口座への振込返済
・指定口座からの口座引落返済
・店頭窓口での返済
・ATMや提携ATMなどでの返済

遅延損害金(延滞利息)について

遅延損害金(延滞利息)とは
本来予定されている返済日に返済できなかった場合には、その翌日から遅延損害金(延滞利息)が発生します。 プロミス、アコム、SMBCモビットなどの銀行系大手消費者金融や東証一部上場のアイフルなどでは20.0%となっています。 銀行は14.0%〜20.0%といった具合に、ご利用の銀行によって異なりますので各銀行にお問い合わせください。 なお、なかにはセブン銀行カードローンのように遅延損害金の規定がない場合もあります。

遅延損害金が発生するタイミングとは
本来の返済期日の翌日から発生します。 なお、遅延損害金は次回の支払時(返済時)に一緒に支払います。

遅延損害金の計算方法とは
借入残高 X 遅延損害金利率(年率) ÷ 365 X 延滞日数
※うるう年の場合は366日で計算

遅延損害金(延滞利息)のデメリットとは
遅延損害金(延滞利息)が圧制するということは、返済がとど起こっているという事実に結び付きます。 それは、遅延損害金の実金額以上のマイナスが発生したことを意味します。 そもそも、カードローンとは個人の信用を元に無担保、保証人不要でお金を借りているサービスとなりますので、借りたお金を約束通りに返済しないということはその信用に傷がつくということです。 信用情報に傷がついてしまうと、カードローンだけではなく、今後クレジットカードを申し込んだ際の審査に落ちた…といった影響も出てきてしまいますので、慎重に対応しましょう。 万が一、返済が滞ってしまう場合や、返済できない場合には、放置せずに必ずフリーダイヤルやフリーコールに電話をしてその旨相談しましょう。 ただし、相談をしたからといって遅延損害金の支払いが免除されるわけでも、信用情報に傷がつないわけでもなく、放置したということによる心証を悪くするのを回避するといった意味合いでのものなので、やはり、しっかりと返済する気持ちが大事です。

返済を忘れないための秘訣とは

借りたお金の返済をしっかりとすることはとても大切なことです。ただ、日々の生活のなかでうっかりしてしまうことってありますよね。そんなうっかりをしないための対策を練りましょう

会員サービスを利用する
多くの大手カードローンでは、カードローン契約をした時点で便利な会員サービスを利用することができます。 そのサービスのひとつに「返済日お知らせメール」があります。 返済日が近づくと、あらかじめ登録してあるメールアドレスあてに、返済日をメールでお知らせしてくれるので、返済忘れを予防することができます。 配信日時を自由に設定できるので、ご自身の都合の良いタイミングでメールを受信することができます。 また、返済額や返済日、利息、借入残高などを知りたい場合も、会員サービスにログインして確認できます。

一括ご返済について

カードローンでは、まとまったお金が入ったときなどに、借入残高を一括返済することも可能で、基本的に通常の返済方法と同じ方法にて完済できます。(ただし、ATMでの返済の際には硬貨の取扱い不可の場合が多いので、店舗窓口(店頭窓口)での一括返済や銀行振込返済など、端数金額での返済が可能な方法にて返済しましょう。 なお、全額返済される日により金額が異なりますので、あらかじめ金額を知りたい場合は、フリーコールに電話確認するとスムーズです。 また、一括返済をした際に済証明を発行してほしい場合には、電話にて完済証明書を発行して欲しい旨を伝えましょう。

返済シミュレーションについて

毎月のご返済金額は、「残高スライド元利定額返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)」となります。 残高スライド元利定額返済方式とは、返済が進むほど毎月の返済額は減っていくもので、最終お借入後の借入残高に応じて変動します。 毎月の返済金額が一定ではないので、返済金額が良く分からない…返済金額が知りたい!返済期間が知りたい!等の場合に、公式サイトが提供している返済シミュレーションを利用すると便利です。 返済シミュレーションでは、ご希望に応じたご返済期間・ご返済金額・お借入希望額を入力すると返済計画をシミュレーションできます。

ご返済金額シミュレーション
お借入希望額をご指定の期間(月数)で返済するときの、毎月のご返済金額を算出できます

ご返済期間シミュレーション
お借入希望額を毎月一定の金額で返済するときの、ご返済期間(月数)を算出できます

お借入可能額シミュレーション
毎月のご返済可能額とご返済期間(月数)を設定したときの、お借入可能額を算出できます

返済に関する疑問解決

返済日を変更したいときは
お金を借りた当初から転職をしてお給料日が変わった!など、返済日を変えたいと思ったときには、会員サービス、自動契約機、店舗窓口(店頭窓口)、郵送などにて変更可能です。 また、その際に利息計算が必要となる場合もありますので、疑問点などがありましたら、事前にフリーダイヤルやフリーコールで問い合わせを行うと、返済日の変更もスムーズです。
支払い期日前の返済について
最少返済金額以上であれば、支払期日を待たずして返済することが可能です。 カードローンの利息は日割り計算となっているので、1日でも早くに返済すれば、その分だけ支払い利息が減りますので、余裕ができたときにはどんどん返済してきましょう 支払期日前の返済方法は、通常の支払方法(返済方法)と同じです。

お金の返済方法(お金を返す方法)

お金を借りたときにはもちろん、返済しないといけないですよね! 毎月分割で返済する場合には、近くのコンビにATMや銀行ATMを利用して返済できればスムーズに便利にお金を返すことができます。 借入前に返済の金額などシュミレーションをしておくと、後であたふたしないで安心ですね。

>>お金の返済方法 詳細


利用限度額を増やす方法

追加融資について

カードローンは借入限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができます。 追加融資を受けたい場合でも、利用限度額の範囲内ならその都度審査を受け直すこともなく何度でもお金を借りれます。 追加融資の借入方法は、通常お金を借りる方法と同じです。

利用限度額の増額について

追加融資ではなく、そもそも使える利用限度額自体をを増やしたい!(利用可能金額を増額したい!)といった場合には、増額審査を行うことで、審査に通ったら契約極度額自体を引き上げることが可能です。 ただし、返済の遅れや他社での借入の増加などによって、契約極度額の増額ができない場合がありますのでご了承ください。 また、消費者金融の場合は総量規制の対象となるため、個人が貸金業者から借入れできるのは年収の3分の1までとなり、その金額を超えて契約極度額の増額をすることはできません。

【Q&A】お金を借りる方法

スムーズにお金を借りる方法とは

融資を受けるとなるとまとまった金額を借り入れたい場合は担保を用意することが多くなっていますが、少額の借入や短期間の借入であれば、より簡単に手軽に申し込みをできる方法を選んでおきたいものです。 申し込む書類などもできるだけ少ないほうが申し込みの手間もかかりませんが、免許証なども身分証明書があれば借りられる方法もあります。 それが、消費者金融が提供しているキャッシングや銀行が提供しているカードローンです。 これらの借入はどちらも無担保、無保証となっており、必要なときにすぐに申し込みができるのが特徴です。 お金借りる場合はやはり審査が必要ですが、担保や保証人がいらないかわりにその人の信用で借りるわけですから、やはり信用してお金が貸せるかが審査されることとなります。 そして、まずは身分を確認しなくてはいけませんので、本人が確認できる免許証などが必要となるわけです。 そして、免許を持っていない人である場合もありますので、その場合はかわりにパスポートや健康保険証などを提出することとなります。 そして学生の方の場合はこれに加えて学生証も必要です。 50万円以上や他との合計で100万円以上などのまとまった借入が必要な場合は、給与明細などが必要となる場合もありますが、少額の利用であれば収入を証明する書類も用意する手間はありません。 さらに申し込みには印鑑も必要なく、ネットで申し込む際などは身分証明証のコピーをあとで郵送することとなります。

銀行でお金を借りるには

銀行でお金を借りる!融資額が小さいため、自動車・住宅ローンよりも手続きは簡略化されており、即日融資も可能となっています。 昼前に申し込んで、夕方に融資が決定することもあるほどです。

はじめてキャッシングするなら銀行でお金を借りる、または契約したいものです。 融資額が小さいため、自動車・住宅ローンよりも手続きは簡略化されており、即日融資も可能となっています。 昼前に申し込んで、夕方に融資が決定することもあるほどです。 キャッシングでお金を借りておくと、今後の契約でも有利に働くのです。 しっかりと返済して信用を重ねていけば、信用情報機関にも「優良」データが残りますので、この信用が審査を有利にしてくれるわけです。 すでに自動車・住宅ローンをご利用の方であれば、キャッシングの審査は問題なく通るはずです。 よく銀行から融資を受けるのは難しいと言われますが、キャッシングに関しては消費者金融と大差のない審査内容となっています。 はじめて融資を受ける方は他社の滞納歴もありませんので、銀行の審査でも問題なく通過できる可能性が高いです。 融資を受けるための条件は、毎月コンスタントに収入を得ていることです。 月によって収入が変動する方よりも、毎月決まった金額が支給される方(公務員、サラリーマンなど)のほうが有利です。 ただ、最近は自営業者、パート、アルバイトといった方のための専門ローンも登場していますので、そうした商品を選べば借りることができます。 融資額の決め方ですが、これは「返済できる範囲」で決めてください。 収入を基準とするのではなく、あくまで「返済できるかどうか」を重視するのです。 収入が多くても借金が多ければ、家計は苦しいものとなるでしょう。 経済状況を考慮して、確実に返済できる範囲で借りてください。

参考サイト:xn--n8jl7d4a7nvb9051bwtfis0czl8ds9lmwo.com


>>銀行でお金を借りるには 詳細


消費者金融でお金を借りる

消費者金融カードローンの特徴を知ろう
カードローンには色々な種類がありまして、消費者金融系カードローンはその一つです。 特徴としては、他のカードローンよりも審査が比較的甘い会社が多い事、年収の3分の1以上の借り入れが出来ない事、金利は若干高めに設定されている事が挙げられます。 ただ、利用のしやすさに関しては消費者金融系カードローンが一番優遇されており、全国各地にATMが設置されていて、24時間借り入れが可能です。 最近ではグレーゾーン金利も廃止され、ますます利用しやすくなっています。 申込方法に関しては、有人店舗へ来店して申し込む方法、無人契約機を利用する方法、インターネットから申し込む方法と選択できるようになっています。 インターネットからの申し込みが手間も少なく人気がありますので、初めての利用の場合はまずインターネットでサイトを閲覧するところから始めてください。 必要事項を入力して申込完了をクリックするだけで簡単に手続きは終了します。 その後本人確認書類の提出と、消費者金融による審査が行われます。 審査自体は他の借り入れがない場合には殆どの場合が問題なく通るので安心してください。 審査が終わり次第指定の口座に希望の金額が振込まれる流れになります。 返済日は自分で設定が可能なので、給料日のすぐ後に設定しておくと安心です。 返済日を過ぎてしまうと余計な利息もかかってしまいますので、必ず約束の期日までには返済を行ってください。 万が一遅れる場合には連絡を必ず入れるようにしてください。

>>消費者金融でお金を借りる 詳細


誰にも会わずにお金を借りる

急に現金が必要になりお金を借りたいと思っていても家族や友人などに知られるのは嫌だという風に思っている人も多いのではないでしょうか。 そこで誰にも会わずにお金を借りるためにはインターネットで申し込みを行うといいです。 家庭にインターネットの環境があればパソコンやスマートフォン、携帯電話などで24時間いつでも申し込みができます。 具体的な流れというのはインターネットの申し込みフォームから必要事項を記入し申し込みを済ませたら、 受け付けが済み次第業者のほうで審査が行われます。

当然身分証明書や収入証明書などの必要書類についても申し込んだ業者の指定した方法で提出します。 モバイルをお持ちの方は、モバイルから提出する方法や、お近くの自動契約機など、書類の提出方法も様々です。

審査が済んだらメールで報告を受け取るか、オペレーターの個人名で電話がかかってきますので、 午前中に審査が通って契約が締結できたのであれば当日中に必要となるお金が振り込まれます。 言わば即日融資が可能になります。

して後日カードが郵送されますので、それを利用することによっていつでもお金を引き出すことができるようになります。 ※ネットで申し込み&自動契約機で契約する場合は、その場でカード受け取り&現金引き出しが可能で、この方法が最短で借入できます。

以上申し込みの流れを見てきましたが、誰にも会わずに申し込みができることがおわかりでしょうか。 直接店舗に来店することなく申し込みを済ませることができますので、他人に見られるという心配はないと言ってもいいでしょう。 申し込みだけでなく、実際にお金を下ろすときでもいちいち店舗に行く必要はなく銀行などのATMやコンビニなどの提携ATMを利用することによりお金の借り入れや返済をすることができます。

>>誰にもバレずにお金を借りる 詳細


土曜日/日曜日にお金を借りる

土曜日、日曜日などの休日にもお金を借りることは可能です。 ただ、注意が必要なのが、一般的に金融機関等は土曜日・日曜日は営業していません。 勿論銀行口座に関しては多くの場合手数料は必要となりますが引き出す事はできるので、預貯金がある人はそれを利用すれば良いでしょう。 しかしもし預貯金がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

土日にもしお金が必要となった時は、キャッシングの申し込みをするのも一つの方法です。

この場合、土日でも審査をしてくれるところであれば、平日の様に申し込みをして融資を受ける事が出来ます。

しかしそれが無理な場合は、事前に申し込みをして、カードを発行してもらっておけば、 後は曜日等を気にする事無くキャッシング枠内で何度でも借り入れが出来るので事前の申込みはお勧めです。

とは言え、週末に突然お金が必要にななることがほとんどですよね!?

土日に最短借入する方法は、PCやモバイルなどのオンラインでまずは申し込みをしておいて、無人契約機等を利用して契約する方法があります。 この方法ですと、申込み後すぐにカード発行ができるので非常に便利です。 もちろん、無人契約機の横にあるATMから現金を引き出すことが可能です。

>>土曜日・日曜日にお金を借りる 詳細


ポイント@
土日は金融機関がお休みになってしまう為、 インターネットで申し込みをして、そのまま口座に振り込みをしてもらうことができないサービスもありますので、 即日振込を希望される方は注意が必要です。

その場合は、土曜日・日曜日・祭日にも当日振込に対応しているプロミスなどがとても便利です。

このようなサービスを利用したくない場合に、 土日に必要な時は、全てオンラインで終わらせることはまずできないと考えておくのが重要です。 その場合、ここは堪えて平日まで待つようにしましょう。
ポイントA
もしお金を借りる可能性があると思っている人は、出来るだけ前もって準備をしておくのが良いでしょう。 そうすれば急に土曜日日曜日にお金が必要となったとしても、慌てる事無く融資を受ける事が出来ます。 従って、色々な可能性を考えて前もって情報収集をして申し込みを済ませておく、これが急な出費にも焦らずに対応できる一つの方法です。

免許証でお金を借りる

免許証は身分証明書として使えるので、審査を受けるときに必要となるのです。 写真入りなので、身分証明書としては最も信頼性が高いものです。 個人信用情報機関に登録された利用者情報は、最低でも24ヶ月は残ってしまうのです。 免許証でお金借りるならキャッシングがおすすめです。 免許証は身分証明書として使えるので、審査を受けるときに必要となるのです。 写真入りなので、身分証明書としては最も信頼性が高いものです。 お金借りるためには、審査を受ける前に身分証明をしなければいけません。 これは、年収、他社借入などを記載する以前に用意するべきものです。 免許証以外では健康保険証、パスポートなどが身分証明となります。 身分証明とは、住所を示すためにも役立つものです。 住所に在住していることは、キャッシング業者側としては必須条件です。 家を持たない方に融資してしまえば、回収することもできなくなります。 本名、本籍、住所などを確認するためにも必須なのです。 身分を証明したら、初めて審査を受ける権利が生まれます。 年収、他社借入状況を正直に記入してください。 嘘を記入すると審査に通らなくなり、同じ業者からは二度と借りることはできなくなります。 お金を借りるうえで一番重視されるのは信用なのです。 いちど信用を落とすと回復には長い時間がかかりますので、審査で嘘を言ったり、返済に遅れたりすることのないようにしてください。 無収入なのに裏技的な方法で借りようとする方もいますが、審査の時点でばれますし、仮に通ったとしても後から気づかれたときに大変です。 嘘をついてまで借りるメリットはありません。 個人信用情報機関に登録された利用者情報は、最低でも24ヶ月は残ってしまうのです。

おまとめローンでお金を借りる

おまとめローンは別名ローン一本化とも呼ばれる複数の借入を一つにまとめるための商品です。 どうして複数の借り入れをわざわざまとめるのかといいますと、ローンを一本化することで大きなメリットがあるからです。 キャッシングは審査に通ればどなたにでも貸付をしてもらえる便利なものですが、一度に借り入れができる消費者金融はおおよそ4つまでとなっています。 それ以上の消費者金融に申し込んでもなかなか貸し付けてくれることはありません。 それだけ複数の消費者金融からお金を借りるというのは返済が大変なことなのです。 キャッシングは一般的なローンと違い、貸付のための保証人や担保を必要としません。 その分、金利が高く設定されているのが特徴です。 複数の消費者金融へ毎月の返済を繰り返しても、なかなか元本が減らずに利子ばかり返済しているという悪循環に陥っている可能性もあります。 さらに複数の借り入れがあると返済日もばらばらで、その度に銀行残高を確認しなくてはならないのでとても大変で精神的な負担も大きいのです。 そこで登場するのがおまとめローンです。 ローンを一本化することで返済日を一つに絞ることができます。 返済日に追われる生活から逃れ、ひとつの返済日に向けての資金計画をすればいいので、精神的にも安定して返済に集中することができるでしょう。 また元本を一つにまとめると必然的に利息を減らすことができるのです。 返済総額を減らして、返済日が一日のみという計画的な返済に切り替えられるのがローン一本化のメリットです。

大学生も借りられる学生ローンとはどんなもの?

お申し込み条件には「20歳以上の学生(高校生は除く)」などと記載されており、大学生、専門学校生なども借入対象となります。 しかし、メインの客層は会社員、公務員、自営業者、パート、アルバイト、派遣社員といった方なのです。社会人が主な客層であり、学生は借りにくくなっているのが特徴です。 「学生ローンと通常のキャッシングは何が違うの?」 と疑問に思っている方もいるでしょう。 この2つはどちらも小口のローンであり、即日融資を受けられるのが特徴です。 金利も大きくは変わりませんが、ターゲット層には違いがあります。 学生ローンは、学生をターゲットにしているものです。 学生もキャッシングを利用することはできますが、なかなか融資してくれないケースが多いのです。 そもそもキャッシングとは社会人を主なターゲットにしているのです。 お申し込み条件には「20歳以上の学生(高校生は除く)」などと記載されており、大学生、専門学校生なども借入対象となります。 しかし、メインの客層は会社員、公務員、自営業者、パート、アルバイト、派遣社員といった方なのです。 社会人が主な客層であり、学生は借りにくくなっているのが特徴です。 学生ローンは、学生のためのキャッシングのことです。 昔は親が保証人にならないと借りられないローンが主流でしたが、現在は保証人なしで借りられるローンも少なくありません。 限度額は少なめ(条件50万円くらい)ですが、これは妥当な金額だと言えるでしょう。 50万円を借りるための条件は、年収150万円以上あることです。 学業に専念しながら、150万円以上稼ぐのは大変でしょうから、50万円の限度額は決して少ない金額ではないですよね。 金利は実質年率で表記されており、18%での貸出になることが多いです。 一昔前よりも低金利化しており、借りやすくなっております。