クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードでお金を借りる方法


知れば怖くない!クレジットカードのキャッシング機能の仕組みとは

「キャッシング」と聞くと、なんとなく怖いイメージのある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、きちんとその仕組みを理解することで、クレジットカードでお金を借りるのがそんなに怖いことではないということが理解していただけるでしょう。 クレジットカードには「ショッピング機能」と「キャッシング機能」と大きく分けて2つの機能がありますが、クレカでお金を借りるには、クレジットカードのキャッシング機能を利用します。 クレジットカードと言えば、現金の代わりに買い物や食事の際に支払い方法として使えたり、ショッピングのポイントや航空マイルなどで買い物で貯まったポイントやマイルをお得に利用できるイメージがありますが、旅先などで現金が足りずにお金を借りたいときなど、クレカのキャッシング機能が私たちを助けてくれるシーンがあるかもしれません。

クレカキャッシング機能の特徴とは
・キャッシング枠とショッピング枠のそれぞれの限度額の合計金額がクレジットカード自体の利用限度額となる
・キャッシング枠での利用限度額とショッピング枠での利用限度額があらかじめ決まっている(月によって「今月はキャッシング枠を多くする…といった融通がきかない)
・クレジットカードを申し込む際にキャッシング機能を付加する旨の意思表示(キャッシング機能付加申し込み)が必要
・クレジットカードの利用自体に費用はかからないけれどクレカ自体に年会費がかかる場合がある
・全体の利用限度額の範囲内での利用なので使える金額が少ない
・すでにクレカを持っていてキャッシング機能付帯済みならすぐにキャッシングが利用できる
・まで手元にクレカがない場合には、クレカの審査からはじまるため利用開始までに時間がかかる

クレカキャッシング枠の金利とは
クレカキャッシング枠は元からストレートに利用できるものではなく、サービスを利用したい場合にはクレカ申込時にあわせて申込が必要となります。(別用紙に記入ではなくたいていが同じ用紙にてキャッシング枠の設定申込にチェックをつける方式です) クレジットッカード自体が、元々ショッピング機能メインのサービスであるからなのか?付帯サービスであるキャッシング機能の枠の金利は18%前後と高く、長期借入れや高額借入には向いていません。 金利の影響を受けにくいといった意味で一時的にお金を借りたい場合や、少額借入の際に利用すると良さそうです。

クレカキャッシングの注意点とは
クレジットカードを持っているからといって、上限金額なく湯水のように利用できるわけではありません。クレカを作る段階で審査があり、お客様ごとに返済可能であろう利用限度額というものがあらかじめ設定されていて、その範囲内でクレジットカードを利用することになります。 クレカで2つある機能のうち、キャッシング枠とショッピング枠のそれぞれの限度額の合計金額がそのクレジットカード自体の利用限度額となり、それぞれの利用限度額はあらかじめ決まっています。 つまり、今月はキャッシングでお金を使いすぎてしまったからといって、ショッピング枠をキャッシング枠として利用することはできないのです。 また、クレカはショッピングでの利用が前提となっていますので、キャッシング機能は付加サービスとなりますので、クレカキャッシングを利用したい場合には、申込み段階にて、別途申込が必要です。(すでにクレカを持っている方が、あらためてサービス利用を希望することもできます)

クレジットカードの利用限度額とは
キャッシング枠とショッピング枠のそれぞれの限度額の合計金額がクレジットカード自体の利用限度額となります。 それぞれの機能での利用限度額はあらかじめ決まっていて、枠が足りなくなったからと言って、残額の貸し借りはできませんのでご注意ください。 クレジットカード自体がショッピング目的がメインとなるため、初期設定ではショッピング枠のほうが多くキャッシング枠はごく一部であることが多いので、ご自身がキャッシング枠を多く利用するご予定がある場合には、あらかじめ多めに希望額を設定しましょう

【パターンA】
利用限度額:50万円(うちショッピング枠25万円/キャッシング枠25万円)


<解説>
ショッピング枠の限度額が25万円中、利用額が25万円。
キャッシング枠の限度額25万円中、利用額が10万円。
この場合、キャッシング枠で残り15万円あっても、ショッピング枠は既に使い切っているので、クレジットカードの使用分の引き落としが済むまでは、ショッピング枠は使えなくなります。


【パターンB】
利用限度額:50万円(うちショッピング枠25万円/キャッシング枠25万円)


<解説>
ショッピング枠の限度額が25万円中、利用額が10万円。
キャッシング枠の限度額25万円中、利用額が25万円。
この場合、ショッピング枠で残り15万円あっても、キャッシング枠は既に使い切っているので、クレジットカードの使用分の引き落としが済むまでは、キャッシング枠は使えなくなります。

手持ちのクレカで簡単にできる借入方法

お金を借りるための専用のカードである、ローンカードはお金の必要を感じてカードローンに申し込みをした人でないと持っていないのが通常です。
一方、クレジットカードというのは、社会人はもちろん、主婦の方や学生でも持っていることが多いものです。
一般的には借入の手段としてではなく、現金を持ち歩かずに気軽に買い物をしたり、レストランの食事などのサービス料金を支払う決済手段として保有しているケースがほとんどです。
クレカを手に入れるには、インターネットや郵送の書類を通じて申し込みを行います。
ただ申し込みをすればカードが送られてくるのではなく、返済能力の有無を確認するための審査が行われるのです。
申し込み時にはキャッシングを付加するかどうかを選択しますが、そのときはお金を借りることを意識していなくても、念のためやあまり意識せず、付加を申請している人がほとんどです。
収入や勤務先、資産状態や他の借入状況をもとに審査が行われ、ショッピングとキャッシングの利用限度額が定められます。
専業主婦や学生であっても、5万円から10万円程度のキャッシング枠を審査の結果、付けられる場合もあります。
クレカが手に入れば、必要に応じてキャッシングがいつでも可能となります。
方法はクレジットカード会社の専用のCDや、提携先の金融機関やコンビニのATMを使って、クレカを挿入し暗証番号を入力して、必要な金額を入力すればいいだけです。
簡単操作で、基本的に土日祝日でも借入れが可能です。

いろいろなカードを比較しよう

クレジットカードは、通常代金決済を後払いでできるツールとして定着してきていましたが、最近は各種特典やサービス、ポイント還元率によって同業他社との差別化を目指している企業が多くなっています。 我々利用者の立場からすれば、自分の生活スタイルに合ったカードを所有することで、経済的かつ効率的な生活をすることにつなげられます。 たとえば、出張が多く航空機を頻繁に利用する方にとっては、航空機のマイルポイントが効率よく貯蓄できるカードを選んだほうが良いですし、海外旅行を頻繁にする方にとっては、海外旅行保険が自動で付与されているカードを持っていたほうが、つど保険を掛ける必要もなく安心です。 これらカードに付与される特典は、カード発行会社によって異なるため、利用する際には十分比較してからカード発行の手続きを取るべきです。 クレジットカードの内容を比較する際には、インターネットサイトのカード比較サイトを活用することをお勧めします。 このようなサイトでは、利用者の口コミ情報をもとにしたカード内容がわかりやすく掲載されています。 ポイント還元率はもちろんのこと、年会費の有無や値段、海外保険付保の有無、他サービスポイントへの移行の有無及びその換算割合など、細かな情報が網羅されていて大変便利です。 また、こういったサイトでは、気に入ったカードを見つけた場合、同サイトからカード発行申請用のサイトへジャンプできるようにネットワークされているものもあります。

クレジットカードでお金を借りるエントリー一覧

クレジットカードの活用方法として代表的なのが、高額の決済に利用するということです。直ぐに現金では支払えない金額や、お財布...

≫続きを読む

クレジットカードが即日発行で今すぐ使えるようになるって本当?クレジットカードはショップやレストラン、ホテル等で代金を支払...

≫続きを読む

クレジットカードのポイントとは何があるのか?クレジットカードは、利用額とカード会社の還元率に応じてポイントが貯まる仕組み...

≫続きを読む

多彩なポイントカードの種類と利用法今やどんなお店や飲食店、サロン等に行っても用意されているポイントカードですが、その種類...

≫続きを読む