クレジットカードのポイントとは

クレジットカードのポイントとは

クレジットカードのポイントとは何があるのか? クレジットカードは、利用額とカード会社の還元率に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。
一定数貯まることで、各社が提供するサービスと交換することが可能です。
クレジットカードで貯まるポイントには次のような種類があります。
「商品(品物、商品券、電子マネーなど)に交換」「カードでの購入代金に充当」「自社が運営するサイトを活用しての商品及びサービス購入代金に充当」「航空券に交換」です。 最も一般的な交換先は、商品への交換です。
こちらのケースの還元率は0.5%〜1%となっており、還元率はあまり高くありません。
次いでカードでの購入代金、または自社運営サイトでの商品購入代金に充当があり、還元率は1%〜2%となっています。
そして、上記よりも高い還元率で貯められるのが、航空券に変えられる「マイル」です。
マイルとは、各航空会社が提供するポイントサービスで、マイレージサービスと呼ばれているものです。
貯まったマイルは、1マイルを約1.6q分の航空券と交換することができます。
そのため、飛行機をよく利用する人にとっては嬉しい交換先ですね。
実際、マイルを溜めて海外旅行をしたなんて話もあります。
還元率は0.75%〜7.5%となっており、マイルを貯めやすくなってるのが特徴です。
このようにカードによって様々な交換先があるので、どのような交換先が利用できるのかということも含めた上でクレジットカードを選ぶといいでしょう。

クレジットカードを使ってより使いやすいポイントに移行しよう

クレジットカードで買い物をしたり、サービスを利用して決済すると、毎月の決済額に応じてポイントが付与されます。 還元率はカード会社やお持ちのカードの種類によっても異なりますが、毎月の利用額が多い人ほど短期間でたくさん貯めることができます。 これは何に使えるかというと、かつてはカード会社が提供する商品群の中から貯めた数に応じて、プレゼントを選ぶというのが主流でした。 しかし、最近はあらゆる業種でポイント制度が用意されています。 そのため、現在ではお互いの利用促進を目指し、カード会社が提携した業種との間で融通が可能になっているのです。 予め定められた還元率に応じて、ご自身がよく使う業態の制度に移行が可能です。 たとえば、クレジットカードで貯めた200ポイントを、家電量販店のカードの1000円分に移行したり、航空会社のマイレージに変えたりできるのです。 どのような割合で還元されるかは、提携先ごとに変わります。 還元率や交換比率を比較して、有利と思われる制度に交換するとお得です。 また、カード会社の提供する商品に欲しいものがなければ、いつも利用しているお店で利用できるほうがお得でしょう。 使い方を考えるとお得度はさらに高まります。 お気に入りのお店や頻繁に利用するお店で買い物をして、そのお店のポイントカードで貯まると同時にクレジットカードでも貯まります。 さらに貯まったものを、よく使うお店で使えるよう移行すれば、お得に消費する事が可能です。

関連ページ

色々あるクレジットカードの活用方法
クレジットカードは様々な機能が付いています!最大限に有効活用して便利にお得に生活しましょう!
即日発行が可能なクレジットカードとは
これだけ便利なクレカが沢山あると、すぐに即日発行したい!と思うことありますよね!かつては申込みは郵送の方法が主流であり、申込書の記入から審査、カードの受け取りまで2週間程度かかっていました。 ですが、近年ではよりスピーディーに即日発行も可能となっています。
クレジットカードの種類と特徴
クレジットカードの種類と特徴を理解することで、ご自身に合った便利でお得なクレカを選んで日々の生活を豊かにしましょう!