自己破産をするとどうなるのか

自己破産をするとどうなるのか

キャッシングブラックとは遅延や自己破産などがあって利用できない人のこと

せっかくクレジットカードを作っても、その中のショッピングやキャッシングで遅延や中には自己破産などをしてしまって返さないことがあると、キャッシングブラックになってしまいます。 借りたお金はしっかり返して完済することが基本にはなりますが、どうしても難しい場合もあります。 そしてお金の整理をした後は、ある一定の期間クレジットカードや消費者金融、銀行などでお金を借りることができなくなってしまうのです。 キャッシングブラックになってしまってからでも、よく「お金を貸します。」という広告もありますが、中には闇金融のような怪しいところもあるので、安心な会社かどうかしっかり調べることが必要です。 できれば、もうすでにブラックになってしまっているので、その期間はどこからかお金を借りようとしないで、今ある現金の中で生活をしていくのがいいでしょう。 自分のお金の中にやり繰りが上手になってきた7年から10年後にはブラックからホワイトに変わります。 ホワイトに変われば、前回お世話になってしまった会社でクレジットカードを作成するのは難しいですが、別の会社であれば作れるようにもなるのです。 万が一作った時には、もう返済ができない環境にならないように、本人の努力も必要となります。 キャッシングブラックになった時には、改めて自分の今までのお金の使い方を考えてみるチャンスでもあります。 下手にまたお金を借りようとして、変な会社に騙されないようにも気をつけましょう。

自己破産という選択もあります

自己破産とは法律で定められている手続きです。 デメリットも大きいですからあまり良いイメージを持たない人もいるでしょうが、目的は生活を再建することで、新たな生活を送るための制度です。 生活をするために借金をしなければならなくなることもありますが、借金をすれば返済をしなければなりません。 また利息を支払っていくことも必要となってきます。 借金の金額が大きくなれば、支払っていかなければならない利息の金額も大きくなっていきます。 例えば、月々に発生する利息の金額が18万円くらいになり、収入が20万円だとすると、もはや生活を送ることはできなくなります。 利息分を支払わなかった場合には借金の金額はさらに大きくなっていきます。 利息が利息を呼ぶという状態になってしまうのです。 このような状態になるとどうやっても返済することができませんから、返済のために生きているような状態になってしまいます。 このような状態から抜け出すためのものが自己破産が存在します。 自己破産をすれば、それまでの借金は全てなくなりますから、新たな生活を送ることができるようになります。 ただ、借金がなくなるという良いことばかりではなくて、換金できるものはすべて換金して返済に充てることが必要となりますし、しばらくは新たな借金をすることができなくなります。 いくつかのデメリットはありますが、新たな生活を始める事ができるという意味では非常に優れた制度になっております。

関連ページ

借入極度額(契約限度額)とは
借入極度額(契約限度額)の上限となるのは、年収の3分の1となります。 これを超えて借りることはできませんので、年収600万円ならば最高で200万円までの借入極度額(契約限度額)になるわけです。
多額で長期に借りる住宅ローンの役割とは?
住宅ローンは、一般的なローンと比べ、多額かつ長期の借入れが可能で、最大35年という超長期ローンも利用できます。 また、金利も他のローンに比べると低めの設定となっています。
女性福祉資金を役立てよう!
女性福祉資金は配偶者を持たない女性の方は経済面で不安を抱えていらっしゃるので、安定した生活を送るためにも必要な資金をお貸しています。