女性福祉資金を役立てよう!

女性福祉資金を役立てよう!

女性福祉資金は東京都福祉保健局が行っている、女性のための貸付制度です。 配偶者を持たない女性の方は経済面で不安を抱えていらっしゃるので、安定した生活を送るためにも必要な資金をお貸しています。 貸付の対象となるのは都内の市町村に6か月以上居住しており、配偶者がいない女性です。 子供や親、兄弟姉妹を扶養されている場合には、貸付にあたり所得制限がありません。 それ以外の場合には以前に母子家庭の母として20歳未満の子を扶養した女性か、婚姻歴のある40歳以上の女性で、現在の年間所得が2,036,000円以下であることが必要になります。 また、単にこの条件を満たすだけでは足りず、貸付をすることが自立に向けた足がかりとなり、かつ、返済計画を立てることができる必要があります。 貸付にあたっては審査があり、審査の結果、貸付けを受けられない場合もあるかもしれません。 女性福祉資金には11種類の目的に応じた貸付資金が用意されています。 目的ごとに貸付限度額や据え置き期間、償還期限が異なっていますので、貸付の申込みをする際には注意しましょう。 どのような種類があるかというと、たとえば、事業開始資金や事業継続資金は、事業のために必要な設備や什器、機械の購入や仕入れ等に役立てる資金の貸付です。 また、技能習得資金は事業を始めるためや、転職等のためスキルを身に付けたりするための入学金や授業料に充てることができます。 そのほか、医療介護資金や住宅資金、生活資金があります。

関連ページ

自己破産をするとどうなるのか
自己破産をするとクレジットカードが一定期間作れなくなるって本当?
借入極度額(契約限度額)とは
借入極度額(契約限度額)の上限となるのは、年収の3分の1となります。 これを超えて借りることはできませんので、年収600万円ならば最高で200万円までの借入極度額(契約限度額)になるわけです。
多額で長期に借りる住宅ローンの役割とは?
住宅ローンは、一般的なローンと比べ、多額かつ長期の借入れが可能で、最大35年という超長期ローンも利用できます。 また、金利も他のローンに比べると低めの設定となっています。